シンガポールでの会社設立・法人設立・投資・節税・進出・移住、シンガポールの賃貸物件・不動産、企業進出リサーチ・支援、シンガポール生活・居住サポート、シンガポール留学・学校紹介ならフォーランドシンガポール

日本より圧倒的に有利な税制、住みやすさを誇るシンガポールで会社設立すれば、俄然有利に資産形成、資産保全、海外投資を行なえます。シンガポールの賃貸物件・不動産紹介もフォーランドシンガポール。

シンガポール会社設立、法人設立|投資・節税・進出・移住・賃貸・不動産|フォーランドシンガポール

シンガポールで自動車に乗るなら知っておきたい税金・費用のこと

シンガポール法人設立コラム・イメージ画像

シンガポールでは自動車の増加抑制、渋滞抑制を目的として、自動車関連の税金等が高く設定されています。そのため、日本では大衆的なトヨタカローラでも、新車の乗り出し価格が約1000万円に上るとも言われます。そこで本ページでは、シンガポールで自動車に乗るならばぜひ知っておきたい、自動車関連の税率や諸費用などについて解説したいと思います。

シンガポールでのトヨタカローラの乗り出し価格

シンガポールでのトヨタカローラの一般的な乗り出し価格(総支払額)は、入札によって価格が決まるCOE(車両所有権証書)や購入するディーラーなどによって異なる中間マージン等に左右されますが、参考価格としてSGD100,000程度は必要となります。

A Open Market Value (OMV:車体価格) SGD20,000
B Excise Duty(物品税・[A]×20%) SGD4,000
C GST (消費税・[A+B]×7%) SGD1,680
D Additional Registration Fee (追加登録料・[OMV]×100%) SGD20,000
E Certificate Of Entitlement (COE:車両所有権証書) SGD35,000(参考)
その他(中間マージン・道路税・登録料・その他諸費用等) SGD25,000(参考)
合計 SGD105,900

[A] Open Market Value(OMV)

車体価格のことを指します。シンガポールまでの輸送費用などが含まれており、価格はシンガポール政府が公表しています。シンガポールに国産車は無いため、シンガポールで走っている車は全て輸入車ということになります。

[B] Excise Duty(物品税)

シンガポールでは「自動車」「アルコール」「タバコ」「石油製品」には国産品・輸入品の区別無く物品税が課税され、自動車の物品税は「OMV:車体価格」の20%となっています。

[C] GST

日本の消費税に相当するもので、2019年9月現在の税率は7%です。なお、GSTは「OMV:車体価格」に「物品税」を課税した金額に対して課税されるため、二重課税となっています。

【参考】シンガポールの消費税「GST」ってどんな制度?

[D] Additional Registration Fee(ARF:追加登録料)

「OMV:車体価格」に応じて追加登録料が発生します。シンガポールで一般的な車体価格がSGD20,000までの乗用車でも車体価格の100%がかかり、車体価格が高額になるにつれ追加登録料も上昇するため、車体価格がSGD100,000の場合のARF合計額はSGD152,000にもなります。一般的な乗用車でも日本と比べて高額なシンガポールですが、このARF制度の影響で高級車はより高額な資金が必要となります。

OMV:車体価格 ARF:追加登録料 車体価格SGD100,000場合
最初のSGD20,000 100% SGD20,000×100%=SGD20,000
次のSGD30,000 140% SGD30,000×140%=SGD42,000
SGD50,000以上 180% SGD50,000×180%=SGD90,000

[E] Certificate Of Entitlement (COE:車両所有権証書)

シンガポールで自動車を保有する場合、カテゴリー別に数量限定で発行されたCOEを入札によって取得する必要があります。COEには10年間の有効期限が設けられており、有効期限に達した場合は登録した車の登録を削除するか、あるいはその時点のCOE価格を新たに支払い、5年または10年間の延長を行うことができます。

(参考)2019年8月に実施されたCOEの入札結果
カテゴリA(1600ccまで) SGD32,725
カテゴリB(1600cc以上) SGD40,001
カテゴリC(貨物・バス) SGD27,800
カテゴリD(自動二輪) SGD4,400
カテゴリE(オープンカテゴリ) SGD40,512

※オープンカテゴリは自動二輪以外に利用可能なCOE。カテゴリA~Cの取得者が上限に達した際の選択肢として用意されています。

Road Tax(道路税)

シンガポールで自動車を所有する場合、半年または1年ごとに道路税の支払いが必要です。自動車購入時は、乗り出し価格に通常1年間の道路税が含まれています。税率はエンジンサイズによって異なりますが、一般的な1600ccの自動車で年間SGD744となります。

シンガポールのガソリン価格

シンガポールでは、ガソリンは日本より2~3割程度高く販売されています。2019年9月時点のガソリン価格はおよそ以下の通りです。

シンガポールのガソリン価格(2019年9月時点)
オクタン価92 SGD2.21 /Litter
オクタン価95 SGD2.25 /Litter
オクタン価98 SGD2.66 /Litter
オクタン価98(V-Power) SGD2.80 /Litter
ディーゼル SGD1.86 /Litter

▲一覧に戻る

Pocket

投稿更新日:2019年09月12日

関連記事

2019年10月24日

これは損金算入可能?シンガポールにおける損金処理をわかりやすく解説

シンガポールの税法上における損金(Business Expenses)の概念は日本と異なる点が多々あるため、適切な法人運営を行ううえでは、主要な項目についてあらかじめ把握しておくこ・・・

2019年10月04日

シンガポールで開設できる銀行口座の種類とは?

シンガポールではキャピタルゲイン税やインカムゲイン税、贈与税、相続税などが非課税となっていることから、海外から資本が集まりやすく、世界トップクラスの高品質な金融サービスが提供されて・・・

2019年08月28日

シンガポールの住宅の種類やその特徴をわかりやすく解説!

シンガポールの住宅には様々な種類があり、それぞれ特徴や主に居住している層も変わってきます。聞きなれない名称のものや、同じ名称でも日本とは異なるものを指すケースもあるなど、日本の方に・・・


シンガポール会社設立、法人設立|投資・節税・進出・移住・賃貸・不動産|フォーランドシンガポール

Copyright (C) Foreland Singapore Pte.Ltd. All rights reserved.

ページ上へもどる