シンガポールでの会社設立・法人設立・投資・節税・進出・移住、シンガポールの賃貸物件・不動産、企業進出リサーチ・支援、シンガポール生活・居住サポート、シンガポール留学・学校紹介ならフォーランドシンガポール

日本より圧倒的に有利な税制、住みやすさを誇るシンガポールで会社設立すれば、俄然有利に資産形成、資産保全、海外投資を行なえます。シンガポールの賃貸物件・不動産紹介もフォーランドシンガポール。

シンガポール会社設立、法人設立|投資・節税・進出・移住・賃貸・不動産|フォーランドシンガポール

移住の難易度も最高レベル

1・年々ハードルが上がる永住権取得への道

ビジネスの場、生活の場として世界中から高い人気を集めているシンガポールですが、数年前までは自国経済への貢献が期待できる人々に対しては、比較的容易に永住権(Permanent Residence)や就労ビザ(Employment Pass)が与えられてきました。
しかし、高い人気を誇るがゆえに、シンガポールへの移住希望者が世界各国から殺到し、総人口における外国人の比率(2011年時点で26.9%)が拡大した結果、現地人と外国人の間の所得格差といった弊害が少なからず生じています。
国民の不満への対応から、政府は2009年以降、永住権の発給数を抑制する姿勢を見せており、2004~2008年に年平均5万8000人であった新規永住権所持者数は、2010年以降には年平均2万8500人へと半減しています。また、一定額以上の財産保有やシンガポール国内銀行への預入条件を満たせば永住権が発給される「金融投資スキーム」が2012年4月に廃止されたほか、外国人労働者への依存度を引き下げるために企業に課される「外国人雇用税」も段階的に引き上げられており(2013年7月まで)、シンガポール進出の難易度は足元で上昇傾向にあります。
ただし、シンガポールの永住権取得に向けた道が、このまま閉ざされてしまうわけではありません。

  2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年
永住権所有者数(人) 478,221 533,183 541,002 532,023 533,065 531,244 527,709
就労ビザ所有者数(人) 113,400 114,300 143,300 175,400 173,800 175,100 180,800

※出所:シンガポール統計局、シンガポール人材開発省

2・今後も外国人は重要な存在

世界中から資本(ヒト・モノ・カネ)を誘致して経済発展を遂げてきたシンガポールですが、近年は先進国共通の課題である「少子高齢化」が進んでおり、2015年以降、その流れが加速するとされる中、外国人の受け入れを拒否してしまえば、成長の源泉である生産年齢人口が減少することは必至です。そのため、今後もシンガポールが経済や社会の安定を目指していく上では、外国人の積極的な受け入れを継続することは避けて通れない道であり、実際、リー・シェンロン首相も「少子高齢化が進むシンガポールには外国人の受け入れが必要」との考えを繰り返し訴えています。
また、シンガポール国民の雇用を促すために実施された外国人雇用税の引き上げですが、建設、小売り、製造業といった国民があまり就きたがらない職種で深刻な労働力不足が発生し、規制の見直しを望む声が上がるなど、シンガポール経済における外国人の重要性が改めて浮き彫りになっており、政府も積極的に国民との議論の場を設けて、シンガポールのためには外国人の受け入れが必要不可欠であるということを、国民に認識させようとしています。
少子高齢化の問題は一朝一夕で解決できるものではないため、出生率の上昇に向けた根本的な対策を行いながら、外国人の受け入れも継続していくというのが現実的な選択肢であり、今後もシンガポールの永住権を取得するチャンスは十分に残されていると言えるでしょう。
では、シンガポールの永住権やビザを取得するために今、最も有効な方法とは、具体的にどのようなものでしょうか?
キーワードは「投資法人の設立」です。

Pocket


シンガポール会社設立、法人設立|投資・節税・進出・移住・賃貸・不動産|フォーランドシンガポール

Copyright (C) Foreland Singapore Pte.Ltd. All rights reserved.

ページ上へもどる