シンガポールでの会社設立・法人設立・投資・節税・進出・移住、シンガポールの賃貸物件・不動産、企業進出リサーチ・支援、シンガポール生活・居住サポート、シンガポール留学・学校紹介ならフォーランドシンガポール

日本より圧倒的に有利な税制、住みやすさを誇るシンガポールで会社設立すれば、俄然有利に資産形成、資産保全、海外投資を行なえます。シンガポールの賃貸物件・不動産紹介もフォーランドシンガポール。

シンガポール会社設立、法人設立|投資・節税・進出・移住・賃貸・不動産|フォーランドシンガポール

シンガポールの住宅の種類やその特徴をわかりやすく解説!

シンガポール法人設立コラム・イメージ画像

シンガポールの住宅には様々な種類があり、それぞれ特徴や主に居住している層も変わってきます。聞きなれない名称のものや、同じ名称でも日本とは異なるものを指すケースもあるなど、日本の方にはわかりにくい部分も多いため、本ページではシンガポールにおける住宅の種類やその特徴について解説したいと思います。

シンガポールの住宅の種類

コンドミニアム

シンガポールにおいて、日本人を含む多くの外国人が居住するのがコンドミニアムで、日本で言う高級マンション・タワーマンションに該当します。他の物件タイプと比べてプール、ジム、多目的ルーム、プレイグラウンド等の共有施設が充実しているだけでなく、24時間ガードマンが常駐している物件も多いなどセキュリティ面も充実しています。

また、URA(都市再開発庁)によってコンドミニアムの敷地面積は4000m2以上と規定されており、その他にも駐車場を含む建物の面積を敷地面積の40%以内に収めプールやジムファンクションルームなどのためにその他の60%以上を使用しなければならないなど多くの規定が設けられています。

シンガポール高級コンド・リバーゲート外観シンガポール高級コンド・マリーナワンレジデンスのリビング

アパートメント

シンガポールでは、URAが敷地面積が1000m2以上の集合住宅をアパートメントとして定義しています。コンドミニアムと比較すると一般的には共有施設などの充実度は劣りますが、立地・賃料などと併せて考慮すれば日本人の方でも十分に検討に値する住居と言えます。中には、コンドミニアムに見劣りしない十分な共有施設を備えたアパートメントもあるため、URAの規定では明確に区別されてはいるものの、実際に物件を選ぶ際にコンドミニアムとアパートメントの違いを意識することはあまり無いでしょう。

サービスアパートメント

コンドミニアムと同程度の住環境に加え、ハウスキーピングや契約内容によっては朝食などのホテル同等のサービスが付帯している高級マンションがサービスアパートメントと呼ばれています。全部家具付の物件で、簡単な調理器具や食器類も備えられており、すぐに生活を送れる環境が整っています。その分賃料はコンドミニアムより割高ですが、数日・数週間程度の短期から契約可能なため、引越前後の一時的な住まいとして利用することも可能です。

シンガポールのサービスアパートメント外観シンガポールのサービスアパートメント・リビング

一戸建て住宅

シンガポールの土地付の一戸建て住宅は「Landed House」と呼ばれ、建物の種類によってさらに細かく分類されています。日本でいう庭付きの一戸建て住宅は「バンガロー(Bungalow)」、もしくは「ディタッチハウス(Detached House)」と呼ばれ、その中でも大きな庭やプール等がついている敷地面積1400m2以上の高級一戸建て住宅は「GCB(Good Class Bungalow)」と定義されています。

その他にも2戸の住宅の壁が接している「セミ・ディタッチハウス(Semi-Detached House)」、日本でいう長屋形式の物件で数戸の住宅がつながっている「テラスハウス(Terraced House)」、コンドミニアムと通常の一戸建て住宅の中間に位置する「クラスター・ハウス(Cluster House)」があります。

シンガポールのバンガローシンガポールのテラスハウス

HDB

シンガポール人の約8割以上が住んでいるのが、日本でいう公団住宅に該当するHDBです。通常、コンドミニアムと比較して物件価格や賃料が安いほか、プールやジムなど共用施設も充実しておらず、セキュリティゲートなどもないのが一般的ですが、近年はコンドミニアムと遜色ないHDBも建設されています。

賃貸契約では一部家具付・全家具付が選択可能

日本では賃貸契約に家具は付いていないのが一般的ですが、シンガポールで賃貸物件を借りる場合、「一部家具付(Partially Furnished)」または「全家具付(Fully Furnished)」を選択することができます。それぞれに備わっている主な家具家電類は、以下の通りです。

【一部家具付(Partially Furnished)】
冷蔵庫、洗濯機、乾燥機、エアコンなど白物家電や照明、カーテン、クローゼットなど

【全部家具付き(Fully Furnished)】
冷蔵庫、洗濯機、乾燥機、エアコンなど白物家電に加え、ソファー、コーヒーテーブル、テレビ、テレビ台、ダイニングテーブル、ダイニングチェア、ベッド、勉強机、クローゼット、カーテンなど

なお、弊社ではシンガポールでの法人設立やビザの取得代行に加え、賃貸・売買物件の内覧からご契約のサポートまで、シンガポールの移住に際して必要な作業をワンストップでご案内しております。
シンガポールで住居をお探しの方は、弊社が運営するシンガポール不動産情報サイトを是非ご活用ください。

▲一覧に戻る

Pocket

投稿更新日:2019年08月28日

関連記事

2019年10月24日

これは損金算入可能?シンガポールにおける損金処理をわかりやすく解説

シンガポールの税法上における損金(Business Expenses)の概念は日本と異なる点が多々あるため、適切な法人運営を行ううえでは、主要な項目についてあらかじめ把握しておくこ・・・

2019年10月04日

シンガポールで開設できる銀行口座の種類とは?

シンガポールではキャピタルゲイン税やインカムゲイン税、贈与税、相続税などが非課税となっていることから、海外から資本が集まりやすく、世界トップクラスの高品質な金融サービスが提供されて・・・

2019年09月12日

シンガポールで自動車に乗るなら知っておきたい税金・費用のこと

シンガポールでは自動車の増加抑制、渋滞抑制を目的として、自動車関連の税金等が高く設定されています。そのため、日本では大衆的なトヨタカローラでも、新車の乗り出し価格が約1000万円に・・・


シンガポール会社設立、法人設立|投資・節税・進出・移住・賃貸・不動産|フォーランドシンガポール

Copyright (C) Foreland Singapore Pte.Ltd. All rights reserved.

ページ上へもどる